社会福祉法人愛善会公式リクルートサイト

公式サイト

募集要項

働く人

スタッフの声

現在「愛善会」で活躍しているスタッフをご紹介します。 個性豊かなメンバーと共にあなたも頑張ってみませんか?

1

「あなたならわかって 
くれると思った」

田中 めぐみさん

写真

介護の道を選んだきっかけを教えて下さい。

最初のきっかけは、祖父の入院中に食事介助をしてあげて、ありがとうと言ってもらったことです。それが心に残り、専門学校に入り、愛善園で実習を受けることで、その気持ちがより強くなりました。

働いていて良かったと思ったこと

利用者様に優しい言葉をいただいたときです。例えば「あなたなら分かってくれると思った。」とか「あなたが勤務で嬉しい。」などの言葉が印象に残っています。

写真

何か嬉しかったエピソードなど

入院されていた利用者様が退院後に、言葉を発することができなくなり、寝たきりになりました。毎日、声掛けをしていると、あるとき「ありがとう」と言葉を発してくれました。涙が出るほど嬉しかったです。

大変だと感じたことは

認知症が進んだ利用者様や寝たきりの利用者様の、望みや訴えが理解できず、自分の未熟さを感じるときです。

2

職場に来るのが
楽しみです。

石田 陽子さん

写真

介護の道を選んだきっかけを教えて下さい。

元々、お年寄りと話すことが好きだったからです。

働いていて良かったと思ったこと

資格も経験もないなかで、愛善園で働き始めましたが、お年寄りと話すことが私には合っていて、楽しくて心が和みます。また、良い同僚に恵まれていて、職場に来るのが楽しみです。

写真

何か嬉しかったエピソードなど

エピソードではないのですが、出勤して利用者様に挨拶をすると、「来てくれて嬉しいわ」
などと喜んでいただけたときは、すごく嬉しいです。

大変だと感じたことは

これは仕方のないことなのですが、強い認知症の方には、誠意を尽くして介護をしても、分かってもらえないことです。また、言葉を発することができない利用者様の訴えが分からないときも大変さを感じます。

3

やりがいを感じて
仕事をしています。

谷野 美由紀さん

写真

介護の道を選んだきっかけを教えて下さい。

元々、介護の仕事に興味があり、やってみたいと思っていました。

働いていて良かったと思ったこと

やはり、利用者様から「ありがとう」などの感謝の言葉をいただけたときです。

写真

何か嬉しかったエピソードなど

私は、利用者様の日常生活の中での変化に喜びを感じています。例えば、病気の症状がおさまったり、食欲が出てきたり、できることが増えたり、一緒に笑ったりできることなどの一つ一つが嬉しいことです。

大変だと感じたことは

介護の仕事を始めた頃は、慣れない仕事で辛く感じ、辞めたいと思ったこともありました。しかし、時間と共に、楽しさや喜びも増えてきて、今は、やりがいを感じて仕事をしています。

4

「ありがとう」
一番うれしい時です。

花輪 恵理さん

写真

介護の道を選んだきっかけを教えて下さい。

認知症の進んだ祖母の通っていたデイーサービスの介護員さんに、祖母が普段見せないような笑顔で手を振っている姿を見たことです。

働いていて良かったと思ったこと

なんと言っても職場の人間関係がよいことです。優しい先輩がたくさんいることは本当にありがたいです。

写真

何か嬉しかったエピソードなど

特別なことではなく、利用者様に顔と名前を覚えてもらえたときや、笑顔で「ありがとう」と言ってもらえたときなどが、一番嬉しいときです。

大変だと感じたことは

利用者様によっては、心身の状態が日々変化する方もいます。自分がその変化に気付いてあげることができなかったときに、悔しさと大変さを感じます。

写真

社会福祉法人愛善会

旭川市春光台4条11丁目5249-10

TEL.0166-52-8118

FAX.0166-52-8102

アクセス

地図 googlemapでみる
募集要項 愛善会の仕事
お問い合わせ 愛善会公式ページ

Copyrightc 社会福祉法人 愛善会 リクルートサイト All rights reserved.

SPサイト